Storj Labsの開発アップデート#3

We hope you are staying cool during these hot summer months, here at Storj we are just starting to heat up! We have continued to make great progress towards V3 and want to keep you in the loop on the latest updates.

Recent development accomplishments:

  • We created a wrapper around the object store interface for the Minio gateway so that if you want to use Minio, you have the ability to do CRUD operations.
  • We added configuration handling to the heavy client. This allows you to set your ports, file destination, options for services, and keys.
  • We combined the network state, reputation system, and DHT cache into a single service to make it easier to run. For piece storage, we created a start/ stop method which handles creating a database and starting all the services for you.
  • We added “errcheck” linting to the V3 repo via Travis (the bot) to ensure we do not overlook any reported error in our code.
  • We increased our overall test coverage in the V3 repo.
  • We added gRPC for DHT node to node communication.
  • We added a bunch of sections to the white paper. It is taking shape and will be shared with the community as soon as possible.

In our next update, we plan to share our progress on these projects:

  • Creating a simple command line tool (CLT) for starting an S3 gateway and CRUD capabilities.
  • Creating a developer tool to run a mini-network on your development computer for easier testing.
  • Adding support for buckets in the pointer database so that you can organize your data into however many buckets you please.
  • Implementing our bandwidth allocation protocol, which will be used to keep track of how much bandwidth farmers have used so that they can be paid for it. The protocol is nearly complete we are just adding some finishing touches.
  • Increasing the test coverage in our code base.

If you want to know what else we have been working on, take a look at our previous development update or visit our GitHub repository. If you have questions, feel free to reach out by emailing ask@storj.io or through our community forum.

– Brandon Iglesias, Product Manager

この暑い夏の間、あなたが冷静に滞在していることを願っています.Storjでは、ここで熱くなり始めています!私たちはV3に向けて大きな進展を続けており、最新の更新プログラムのご紹介にお待ちしています。

最近の開発成果:

  • Minioを使用する場合は、CRUD操作を実行できるように、Minioゲートウェイ用のオブジェクトストアインターフェイスのラッパーを作成しました。
  • 我々は重いクライアントに構成処理を追加しました。これにより、ポート、ファイルの宛先、サービスのオプション、およびキーを設定できます。
  • 私たちは、ネットワーク状態、レピュテーションシステム、DHTキャッシュを単一のサービスに組み合わせて、実行しやすくしました。ピースストレージについては、データベースの作成とすべてのサービスの開始を処理するstart / stopメソッドを作成しました。
  • Travis(ロボット)を介してV3レポに “errcheck” lintingを追加して、コードで報告されたエラーを見落とさないようにしました。
  • V3リポジトリ全体のテストカバレッジを向上させました。
  • DHTノードとノード通信のためのgRPCを追加しました。
  • 私たちは白書に複数のセクションを追加しました。それは形を取っており、できるだけ早く地域社会と共有されます。

次回のアップデートでは、これらのプロジェクトについて進捗状況を共有する予定です。

  • S3ゲートウェイおよびCRUD機能を開始するための簡単なコマンドラインツール(CLT)の作成。
  • テストを容易にするため、開発用コンピュータでミニネットワークを実行するための開発者用ツールを作成します。
  • ポインタデータベースにバケットのサポートを追加することで、データを多くのバケットにまとめることができます。
  • 農業従事者がどれくらいの帯域幅を使って支払いを受けることができるかを追跡するために使用される帯域幅割り当てプロトコルを実装します。プロトコルはほぼ完了していますが、いくつかの仕上げのタッチを追加するだけです。
  • コードベースでのテストカバレッジの向上

他に何をしているのか知りたければ、以前の開発アップデートを見てみるか、GitHubリポジトリを見てください。ご不明な点がございましたら、ask@storj.ioまで電子メールでお寄せいただくか、コミュニティフォーラムをご利用ください。

– Brandon Iglesias、プロダクトマネージャー

8月 15, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です