PancakeSwap(パンケーキスワップ)でステーキングしてみよう

仮想通貨の相場が上がっているなか、マイニング熱も上がっておりますが、マイニングで得た報酬をさらに増やそうと思い、ほとんどをステーキングしてます。
今回はそのステーキングのなかで、DEX(分散型取引所)でのステーキングを紹介します。

DEX(分散型取引所)とは

DEXとは、「Decentralized EXchange」の略称です。
管理者がいない取引所のことで、ユーザーが管理しているウォレットをつないで取引を行います。
なので、基本は会員登録がなくてもつくことができます。

DEX(分散型取引所)の例

現在、自分が使っているDEXはいくつかあります。
PancakeSwap(パンケーキスワップ)
BabySwap(ベイビースワップ)
DinosaurEgg(ダイナソーエッグ)
それぞれ、軸になる通貨ががありますが、自分がつかっているのは、バイナンスチェーンが中心です。

その他にも前に使っていた、waves.exchangeなどがあります。
CAKEはバイナンスにも上場しているのでそれなりの取引量がありますが、DSG(ダイナソーエッグ)の通貨は新しいので他の取引所では扱っていないようですが、APRが高いので少し試してみる価値があるかもです。
その他のDEX一覧はこちらを参照してみてください。
CoinMarketCap分散型取引所(DEX)一覧





PancakeSwap(パンケーキスワップ)をmetamask(メタマスク)をつないでみよう。

PancakeSwapトップ
PancakeSwap(パンケーキスワップ)
まずはmetamask(メタマスク)をgoogleChromeについかしましょう。
metamask(メタマスク)を追加するのはこちらを参考にしてください。
→→→MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法
metamask(メタマスク)が使えるようになったらまずは、BSC Mainnetをmetamask(メタマスク)に追加します。

metamaskにネットワーク追加

右上のアイコンから設定をクリックして、ネットワークを選択して、ネットワークの追加をクリックします。
クリックしたら以下の情報を入力して保存をクリックします。
bscMainnetの情報

  • ネットワーク名:BSC Mainnet
  • 新規 RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーン ID:56
  • 通貨記号 (オプション):BNB
  • ブロック エクスプローラーの URL (オプション):https://bscscan.com

保存が完了したら、ネットワークの設定が完了したので、DEXとつないでいきましょう。

connectウォレット

トップページの右上の「connect Wallet」をクリックしてmetamask(メタマスク)を選びましょう。

connectメタマスク

選んだらパスワードを聞かれるのでパスワードを入力するとつなぎこみ出来ます。
繋ぎこんだら、トレードして、LPトークンを入手してファーミングを始めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です