RX6600発売!マイニングの設定とパフォーマンスその2

RX6600でマイニングを設定したので、誰でもできる簡単なオーバークロックをしていきましょう。
参照RX6600発売!マイニングの設定とパフォーマンスその1
前回、マイニングを始めたのですが、何もしない状態のパフォーマンスは以下の数値になりました。

  • ハッシュレート:26.65Mh/s
  • 電力:91W
  • 1ワット当たりのハッシュレート:0.292

メーカーやソフトOS毎に違ってくると思いますが、Windows10でGIGABYTEのRX6600を動かしてます。
以下の画像はAMD Softwareでの数値になります。

amd_software_vram


  • クロック速度:2584MHz
  • 電圧:1150mV
  • 最小周波数:700
  • 最大周波数:2579MHz
  • クロック速度(VRAM):1740MHz
  • 最大周波数(VRAM):1750MHz

今回は、ぎりぎりのマックスを攻めるのではなく、なるべくマシンが止まらない数値で悪く無いパフォーマンスの数値を出していきたいので簡単に設定していきます。



amd_software_overclock
amd_software_overclock_vlam


  • クロック速度:1279MHz
  • 電圧:743(900)mV
  • 最小周波数:700
  • 最大周波数:1300MHz
  • クロック速度(VRAM):1890MHz
  • 最大周波数(VRAM):1900MHz

rx6600_mining

  • ハッシュレート:29.05Mh/s
  • 電力:58W
  • 1ワット当たりのハッシュレート:0.500

他の記事をみると50W切っているようなので、もっとより良いパフォーマンスを求める方は、そちらを探してみてください。
マイニングに関しては、RX6600xtと6600無印では大きな差はないので、購入時の価格で決めてもよいのではないでしょうか。

わたくしは、先日8万円以下で6700xtを見つけたので、ワットパフォーマンスは落ちますが、ハッシュレート値が45前後出るので、そちらを購入したので、RX6600(無印)はほどほどにしておこうと思います。
※ネットだとすぐに売り切れますし。。。
ETH(イーサリアム)をマイニングする方がほとんどと思いますが、こちらの記事を参考にしてみてください。
eth-zilのデュアルマイニングをしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です