RTM(Raptoreum)をCPUでマイニングしてみました。

GPUやASICが中心になるマイニング業界ですが、CPUでマイニングできる通貨がいくつか存在します。
その中で収益を考えるとなかなか形にならないのですが、現在RTMが収益的に魅力があったので、組み立てたPCでマイニングを行ってみました。
RTMについてはこちらからRTM(Raptoreum)
今回は、suprnova.ccでマイニングしてみます。

RTM.suprnovaにユーザー登録

rtm_suprnova_top
まずは、suprnova.ccにアクセスして右上のguestからユーザー登録をしましょう。


  • username:こちらは何でも大丈夫ですが、後ほどbatファイルに記述します。
  • Password:長さによってExtremely weak→Weak→Good→Strong→Excellentと推移します。
  • Repeat Password:上で記入したパスワードを再入力してください。
  • Email:使用可能なメールアドレスを入力してください。
  • Repeat Email:上で記入したメールアドレスを再入力してください。
  • PIN:こちらは、settingなど変更する際に必要になります。※自分は数字4桁で設定しました。

上記を入力したらREGISTERをクリックしましょう。


My Wokerを登録

rtm.suprnova.ccに登録できたら次にMy Wokerを登録します。こちらもbatファイルに記載するので適度な長さにしておきましょう。

初期値でuserとpasswordの文字が入ってますが、こちらは何でも大丈夫です。
複数台でマイニングする方は、パソコンごとに名前を付けることをお勧めします。
例えば、user01、passとかでも問題ないです。
wokerの設定が完了したら次は、マイニングソフトをダウンロードしましょう。




マイニングソフトのダウンロードと設定

左のメニューのHelp内のGetting Startedをクリックしましょう。

クリックしたらページ内のDownload hereからマイナーソフトのダウンロードをしましょう。
ダウンロードしたファイルは、7zipのファイルになるので、解凍用のソフトをこちらからダウンロードしましょう。
7ZIP解凍ソフト
ダウンロードして解凍したらCPU毎に、ソフトが違うので、ソフトにあったファイルを使いましょう。

AMDのCPUの場合

  • ryzen1000 or 2000シリーズ:cpuminer-zen.exe
  • ryzen3000 or 4000シリーズ:cpuminer-zen2.exe
  • ryzen5000シリーズ:cpuminer-zen3.exe

intelのCPUの場合

  • Ice Lake (10th gen, 10000 series Mobile):cpuminer-avx512-sha-vaes.exe
  • Rocket Lake (11th gen, 11000 series):cpuminer-avx512-sha.exe
  • Skylake-X/SP/W – HEDT 7000 & 9000 series, Xeon-W, Xeon Bronze/Silver/Gold/Platinum,Tiger Lake (11th gen, 11000 series Mobile):cpuminer-avx512.exe

その他のCPUの方はフォルダ内のreadme.txtを参照してみてください。
基本的には下記内容のbatファイルを作成してダブルクリックでマイニングスタートなのですが、CPU毎に最初のexeファイル名が変わってきます。
【cpuminer.exe -a gr -o stratum+tcp://rtm.suprnova.cc:6273 -u Weblogin.Worker -p Worker password】
例えば、AMDのryzen5の3600の場合、exeファイルは、cpuminer-zen2.exeになります。
設定が以下の場合

  • Username:horiden
  • Wokername:user
  • Woker password:pass

【cpuminer-zen2.exe -a gr -o stratum+tcp://rtm.suprnova.cc:6273 -u horiden.user -p pass】
となります。
この内容でbatファイルを編集したらダブルクリックするとマイニングが開始になりますが、1時間~1.5時間程度CPUのチューニングが始まり、チューニングが終わるとフォルダ内にtune_configのファイルが作成されます。
一度tune_configが作成されたら次からは、すぐにマイニングスタートします。
RTMはアカウント内にたまっていくので、ある程度たまったら取引所やウォレットに送金していきましょう。
取引所はこちらを利用しています。
south Exchange
こちらの登録、送金については、また改めて書きたいと思います。

RTM(Raptoreum)をCPUでマイニングしてみました。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です