Storj Labsの開発アップデート#4

Since our last development update, a lot has happened here at Storj Labs. Two of our leaders, Ben Golub and Shawn Wilkinson, will be giving a keynote at The Linux Foundation’s Open Source Summit in Vancouver on August 29th-31st. We have been spending a lot of time getting ready for some major announcements that we will be making at the event so stay tuned for that news! Aside from that, we have made a lot of great progress on V3. Check out our latest accomplishments below.

Recent development accomplishments:

  • We are now able to upload and download data on the V3 network!
  • We made it possible to run an entire V3 network locally with just a few simple commands. This will be great for anyone who wants to contribute to the project or test the network locally.
  • We finished creating the stat database, which keeps track of simple node metrics, like audit success ratios, latency, amount of data stored, etc. This data will be an integral part of our reputation system in the future.
  • We updated the GitHub readme for the V3 repo.
  • We increased the test coverage and uncovered some bugs, which we fixed.

In our next update, we plan to share updates on:

  • Bug fixes and overall improvements in V3.
  • Preparations for Open Source Summit and the announcements we will be making.

  • Adding furnishing to support ‘buckets’ in V3. This will let you organize and store your data in different buckets as you please.
  • Adding the finishing touches to our bandwidth accounting protocol, which is being used to keep track of how much bandwidth farmers have used.

If you want to know what else we have been working on, take a look at our previous development update or visit our GitHub repository. If you have questions, feel free to reach out by emailing ask@storj.io or through our community forum.

– Brandon Iglesias, Product Manager

最後の開発の更新以来、Storj Labsでは多くのことが起こっています。我々の指導者の2人、Ben GolubとShawn Wilkinsonは、8月29日〜31日にバンクーバーで開催されるThe Linux FoundationのOpen Source Summitで基調講演を行います。私たちはイベントで主な発表をする準備を整えるのに多くの時間を費やしていましたので、そのニュースを待ってください!それに加えて、私たちはV3について多くの大きな進歩を遂げました。最新の業績をご覧ください。

最近の開発成果:

  • 私たちはV3ネットワーク上でデータをアップロードしてダウンロードできるようになりました!
  • 単純なコマンドをいくつか使用して、V3ネットワーク全体をローカルで実行できるようにしました。これは、プロジェクトに貢献したり、ネットワークをローカルでテストしたい方に最適です。
  • 我々は、監査の成功率、待ち時間、保存されたデータの量などの簡単なノードのメトリックを追跡する統計データベースの作成を終了しました。このデータは、将来、レピュテーションシステムの不可欠な部分になります。
  • V3リポジトリのGitHubのreadmeを更新しました。
  • テストの対象範囲を広げ、いくつかのバグを明らかにしました。これを修正しました。

次のアップデートでは、アップデートを次の場所で共有する予定です:

  • V3のバグ修正と全体的な改善。
  • オープンソースサミットへの準備と発表予定
  • V3のバケツをサポートするための家具の追加。これにより、データを整理して、別のバケットに保存することができます。
  • 農家がどのくらいの帯域幅を使用したかを把握するために使用されている帯域幅アカウンティングプロトコルに仕上げのタッチを追加します。

他に何をしているのか知りたければ、以前の開発アップデートを見てみるか、GitHubリポジトリを見てください。ご不明な点がございましたら、ask@storj.ioまで電子メールでお寄せいただくか、コミュニティフォーラムをご利用ください。

– Brandon Iglesias、プロダクトマネージャー

8月 15, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です