マイニングファームプロジェクト

どうも、素人マイナーほりでんさんです。

本日、日本でもVEGAが発売されましたね!予約分だけとの事でレポートを見てから購入を考えようと思い手を出しておりませんでした。

そんなことより『マイニングラボ@彫電』では現在、データセンターと海外でのプチマイニングファームの計画をしております。

日本での一般家庭向きの電気料金の単価は24~30円と高く、黒字にはなるけれど採算を出しにくい状況です。

そこで、色々な方が高圧の施設建てようとか、移動式の車でマイニングしよう等色々考えている方が増えてきました。

ただ、そこで初期費用をかけてしまうとそれこそ回収までの期間と労力が増えて元も子もない状態に陥ってしまいます。

通貨の価値が上がるのを信じてとなるとそれもいつ、どのくらいまで上がるのかなど、ホールドして待っておかないといけません。

そうなるといつまでたっても初期費用の回収が行われず、高い電気代を払い続けないといけなくなります。

なので、なるべく初期費用を抑えて、電気代の低いところでマイニングするためにはどうしたらよいかと思い、色々な方と相談したら、

『データセンター』でのマイニング『海外でのマイニング』が現実的に見えてきました。

後は、仕組みとお金をよく考えて構築していけばできるのではと。

ちなみに現在の電気代は1kwhあたり、約24円です。

海外や高圧電力になると、13~18円の間になってきます。6枚リグで950Wと仮定すると、

0.95kw×24時間×30日×24円=16,416円

0.95kw×24時間×30日×16円=10,944円

と、約34%削減となります。

1年間回したら、65,664円の差になってきます。

リグを10台作ったとしたら、656,640円が年間で差が出てきます。

現在、すでに3台目のリグに突入している状況なので、今の分を移動させるだけで、10万円くらいの差が出てきます。

これは、許可が出たらすぐに移動しに行くしかないですね。

まずは、CPUでMONERO、GTXでzcash、radeonでETHのデュアルマイニングをそれぞれ試算してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です